MENU

主な用途

おから、各種残渣、汚泥等水分が高い廃棄物を乾燥させることで産廃処理費用を削減し、廃棄物を商品に変身させます。

おから、茶滓、ビール滓等廃棄物
肥料、飼料、バイオマス燃料
動物の糞、汚泥
産廃処理費用の低減、肥料
  • YKD型
    YKD型
  • YKD-L・S・D型
    YKD-L・S・D型
  • 屋外仕様大型機
    屋外仕様大型機
  • 装置動画
    装置動画

YKD非食用連続高速撹拌乾燥機の原理

高速回転羽根で原料をバラけさせ、原料の表面積を大きくすることで乾燥スピード(30~60秒)を上げます。
原料自体を高温にせず乾燥できるため、乾燥品自体の熱による劣化と変色を少なくすることができます。

原料を定量供給装置より乾燥機本体へ供給し、同時に熱風発生炉から300~450℃の熱風を本体に投入します。
熱風と攪拌羽根の共同作業によって、含水率80%前後の原料を8%以下まで乾燥させます。
乾燥されたものはサイクロンとロータリバルブで分離され、次の工程へ送られます。
一部の排気は熱風発生炉にリターンし、加熱後に加熱蒸気として再利用されます。
この熱回収システムを利用することで、ランニングコストを1~2割削減できます。

YKD非食用連続高速撹拌乾燥機の特徴

  • おからと豆腐残渣を混合して乾燥することができます。
    また、粘性のある原料も乾燥品と混合することで乾燥が可能になります。
    別々に乾燥機内に供給して混合するため、操作も簡単にできます。
  • 乾燥機はいろんな燃料を使用することができます。
    LNG、LPGガスはもちろん、灯油、A重油と廃油も直火式もしくは間接加熱にて熱風を作ることができます。
  • ヤスジマの乾燥機ラインナップは充実しており、さまざまなお客様の生産量に対応できます。
  • 汚泥、牛糞等の臭気が気になる原料、粒子が細かく煤塵が気になる原料は、バグフィルター、スクラバー、脱臭炉等付帯設備を付けることができます。

ヤスジマの乾燥機ラインナップ

型式 L(mm) W(mm) H(mm) 処理能力
YKD-100 4000 2000 3000 100kg/h
YKD-200 5000 2500 3500 200kg/h
YKD-350 7500 4000 4000 350kg/h
YKD-500 8500 5000 5000 500kg/h
YKD-750 9000 5500 5800 750kg/h
YKD-1000 9500 6000 6000 1000kg/h
YKD-1500 10000 6500 8000 1500kg/h
YKD-1740 11000 7000 8000 1750kg/h
YKD-2000 12000 7000 8000 2000kg/h

※上記処理能力はおからベースです。

ヤスジマはお客様の現場状況に応じて乾燥機の配置を設計・提案いたします。
設備の導入を希望するお客様は直接営業担当にご相談ください。

よくある質問

乾燥機の大きさはどれぐらいですか?

ヤスジマはお客様の現場状況に応じて乾燥機の配置を設計・提案いたします。
設備の導入をご希望のお客様は、直接営業担当にご相談ください。

用途に記載のもの以外に乾燥できるものはありますか?

用途に挙げているのは最も実績が多い例です。
乾燥したいものがあれば、弊社の営業担当者にご相談ください。

詳しいランニングコストを提示することは可能ですか?

原料の含水率、乾燥目標含水率、初期品温、燃料価格等詳細情報をいただければ、ヤスジマの担当者より詳細なランニングコスト計算書をご提出いたします。

乾燥品の仕上がりを確認したい場合、原料の乾燥試作品を作ってもらうことは可能ですか?

ヤスジマは本社のリサーチラボに小型のテスト機を設けており、設備導入希望のお客様には事前テストの実施をお勧めしています。
テストで乾燥品の仕上がりを直接お客様にご確認いただき、得られたテストデータを実機設計製造のベースにさせていただきます。

メンテナンスや部品の定期交換はどのように行えばいいですか?

ヤスジマは年1回のメンテナンスをお勧めしています。
ベアリング、オイルシール等消耗品以外には特に定期的に購入して交換いただく部品はございません。

事前テストも承ります

リサーチラボでは、お客さまに安心して製品を購入していただくため、事前テストを承っています。
テスト費用は内容、期間に応じて柔軟に対応可能です。

リサーチラボについて詳しく見る